空気を撮りたい

空気感とは何なのだろうか

HHKB

HHKBというキーボードをご存知だろうか。

詳しくは検索していただくとして、まあ、結構値段はするが非常に品質の良い、タイピングしやすいキーボードなのです。

私はライターでもプログラマーでもないので、日常でそこまでタイピングをするわけではありませんが、ちょっとした文章を書いたりはするし、パソコンを使っていればいやでもキーボードには触れるわけです。

Mac miniユーザーなので初めはAppleのMagic Keyboardを使用していましたが、あれ、薄すぎて打ちにくいんですよね。私のはM1プロセッサのMacなのでTouch ID付きのキーボードも勢いで購入してみましたが、打ちにくさは変わらず。Touch IDが便利ってだけでした。

打ちやすいキーボードはないかなぁ、と家電量販店を訪れたところ、青軸とかいう、妙にカチカチと打鍵時に音がするものを見つけました。後で調べたらゲーミングキーボードだったのですが、そのメカニカルな打鍵感が気に入って購入しました。

青軸、打ち心地はよかったです。しかし家や職場でタイピングするには向いていませんでした。お店ではBGMや他の人の話し声などであまり気になりませんでしたが、カチカチ音は静かな環境だとうるさすぎます。調べてから買えよって話ですが、その音がストレスになって、次第に使わなくなってしまいました。

職場で使わなくなっていたキーボードを繋いで使ったりもしましたが、どうもしっくりこない。サイズが大きすぎたり、打鍵感がフニャフニャだったり・・・。

数百円で売られているキーボードという選択肢もありましたが、何だかこの頃には妙にキーボード熱が高まっていて、半端な物では満足できなくなっていました。

夜な夜なネットで調べていると、キーボードは静電容量無接点方式がいいと皆さんおっしゃっています。高級キーボードに採用されている例が多いとのこと。東プレのリアルフォースとPFUのHHKBが有名らしい。

最終的には小ささやマニアック感あふれるキー配列に惹かれてHHKBにしたわけですが、大正解でした。打鍵時の音も静かだし、打った時に指に伝わってくる感触が素晴らしい。スコスコって感じと皆さん言いますが、まさにそんな感じ。弱点は値段くらいですが、良い物だから、このくらいの値段は適正だと思います。

HHKBは25周年を迎えるらしく、専用のサイトがありますので興味のある方は見てみるといいと思います。欲しくなると思います。